読書感想:沖田×華「毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で」

 1ヶ月無料体験のつもりがうっかり解約し損ねてもう1ヶ月契約していたKindle Unlimited にて。

人の気持ちを汲み取ったり、言葉の裏の意味を読みとったりするなど、コミュニケーション障壁となるアスペルガー症候群と、不注意や多動などの症状を持つADHDを併せ持った筆者の日常を軽く明るいタッチで描いたエッセイ漫画。

漫画でおすすめに上がっていたので何となく読んでみたら、自分にも当てはまることだらけで、なんとなく人に馴染めないなー、なんでだろうなーと疑問に思っていたことが腑に落ちた。

 

発達障害持ちは人によって様々な感覚過敏を持っているそうだ。

私はパサパサした感触のものが苦手で、ベニヤ板とか古本とかを触ると鳥肌がたってしまう。ツルツルしたものをさわって感触を中和せずにはいられない。小さい頃からそうだったのでみんなそうだと思っていたのだが、どうやらそうではないことを最近知った。

また、騒がしい場所では人の声が聞こえなくて、会話するために頑張って大声を出している。だから飲み会とかボウリングとか、終わる頃には私だけ声が嗄れているのがすごく不思議だったんだけど、人の声と騒音を聞き分けられないのは聴覚過敏という発達障害の世界ではわりとメジャーな症状のようだ。

 

小さい頃からわかっていたら人生もっと楽にいきられたかなあと思いもするけれど、

これからをがんばろう。

 

ダーリンは70才 高須帝国の逆襲

ダーリンは70歳 高須帝国の逆襲

ダーリンは71才 高須帝国より愛を込めて

 

Yes!高須クリニック!で有名な高須先生と

毎日かあさんで有名な西原理恵子さんの言わずと知れたビッグカップル。

2人とも行動がセンセーショナルであり、またSNSも猛活用されている点もあって話題になることがとても多い。

私は2人の著作や実績等をよく知らなかったので、Kindle Unlimited にあった本作を読んでみることにした。

 

この本は高須先生と西原さんの日常を西原さん側から描いた「ダーリンは70歳」に対して、高須先生から描いた作品になっている。

高須先生の書いたエッセイに西原さんのミニ漫画がついた構成になっている。

 

高須先生の文章がうまく、また優しい。

徳川家ゆかりの医者の家系に100年ぶりに生まれた男児であり、

美容整形医として名高い。

美容整形というものに後ろ暗いうさんくささを感じていたのもあり、

彼にも良いイメージをもっていなかったのだが、文章を読んだら

全くそんなことはなかった。

交通網が復旧せずトラックの入れない熊本地震の被災地へ、西原さんとの二人きりでのお花見用にチャーターしていたヘリコプターでいち早く救援物資を届けたり、土俵の作成費用の寄付を求めてきた大学生の話を受け、大学側にスピーディーに話をつけて当初見積から無駄を省いた半分の額で立派な土俵を作り上げるなど、庶民の間で語られるような「本当のお金持ち」の姿がそこにはあった。

 

お騒がせな二人というイメージが強かったですが、社会に目を向けていろいろなことと向き合って考えて生きていらっしゃるのだなと

自分の生き方を反省しました。

行動のスケールの大きさがまるで漫画のようで面白いという点もあるので、ぜひ読んでみてください。

 

 

お花見について思うこと

お花見というものが好きではないのです。

何がいやかと言うと、まず寒い。

空気の緩む3月下旬と言えど、夜間に座ったきりというのは

寒くて敵わない。

床に敷いたビニールシートもゴツゴツとした地面の硬さと

冷たさがダイレクトに伝わってきてより厳しい。

あたりは酒と食べ物の臭いが充満しているし、トイレも汚く混む。

桜だって歩いているときくらいしか見ないし、暗いし意外と白くて

写真にとっても興が醒める。

穏やかに晴れた昼間に、気心の知れた友達と二人か三人くらいで

ぼやーっとビール1本飲むくらいの感じが良いなあ。

 

好きですチキンラーメン

以上!というだけの話なのですが。

 

好きなんです、チキンラーメン

オレンジ色のパッケージ、ワクワクする香り。

でも、もともとは別に好きじゃありませんでした。

食べたらがっかりするものの筆頭で、美味しさのピークは

袋を開けるところだと思っていました。

CMみたいに玉子を半熟にしたくて、麺の上に割り落としたところへ

熱湯をそろーりそろりと掛けてラップで蓋して3分まって。

ドキドキしながらラップを剥がした私を迎えるのは、

3分前と変わらず生っぽい玉子というか卵と、伸びてぶよぶよの麺。

CMとは似ても似つかぬ姿に涙をこらえながら、味気ない麺を

口に押し込む。半々々熟卵をすする。

 

だから私にとってチキンラーメンは、想像上の美味しいものとでも

言うべき存在だったのですが、ついに見つけたのです、

美味しくチキンラーメンを食べる方法を。

 

それはお湯を掛けてそのまますぐに食べること。

麺の塊を箸で沈めたら、あとは端を軽くほぐしながらばりばりと食べていく。

本当に美味しいので、お試しあれ。

5袋入りもあっという間に食べれてしまいますので要注意。

 

折り畳みキーボードを買った話と日本語入力切り替え

折り畳みキーボードを買いました。

ノートPCは持っているんだけど、どうも動作がもっさりでイライラするのと、

Windows8に慣れなくて、iTunesに繋ぐときくらいしか使っていない。

およそ年イチ。もったいないお買い物だったなあ。。。

前に使っていたWindowsXPが壊れてから1年くらいは大学のPCルームで

作業したり彼のを借りたりでなんとかなっていたんだけど、今から4年前、

遠距離恋愛になるからSkypeでビデオ通話をしようって大奮発して買ったんだよね。

ところがどっこい、現代の技術というのは本当に素晴らしいもので、iPhoneでも

できるんだね、ビデオ通話。それも電話代かからずに。

生きてて良かった現代!技術革新万歳!!ということで、結局Skype通話は

一度もされることがないままノートPCはほこりをかぶっている。

PC買う前に知りたかったなあ。。。

 

ということで前置きが大変長くなりましたが、私はiPhoneタブレット派です。

長いメールを打ったり、ワープロを使いたいときだけしぶしぶPCを立ち上げて

いたんだけど、めんどくさいよね。まあ、やらなくなるよね。

フリック入力も楽なんだけど、さすがにブログを書くのはしんどいなーとまったく

書いていなかったんだけど、こうごろごろしてインプットの一方の日々に

危機感を感じて、日記でも書くべと一念発起して買いましたキーボード!

 

VORKE K1です。

アマゾンで3千円代くらいかな?

驚くほど小さい二つ折りのキーボードで、畳むと私の手より少し大きいくらい。

最近の大きなスマホだとそんなに大きさ変わらないんじゃないかな?

厚さも、畳んだ状態でiPhone SEより少しあるくらいなのでかなりコンパクト。

簡単なケースもついているので、持ち運びもひとまずは安心。

でもなにより購入のポイントとなったのは、キー配置!

折り畳みキーボードの宿命として、中央に折り畳み位置がくる点がある。

どうしてもそこにはキーを配置できないため、ものによってはBのキーが

右側にあるなど、まさかと思うような解決策がとられているものもある。

ストレスなくタイピングをしたかったので、Ctrlキーの位置と併せて

しっかり確認をした。カスタマーレビューも読み込んだ。

 

他に、360度曲げられる(つまり逆パカしても壊れない!)という点や、

人体工学的に負担のかからないエルゴタイプ(キーが逆ハの字配置)

という点も気になって購入に至った。

同じタイプはi Cleverやオウルテックからも発売されているが、私の購入時は

VORKE K1が最安値だったのでこれにした。

 

2日ほど使ってみたところですが、叫びたい。超良い!!

初回こそペアリングの設定はいるものの、二回目以降はキーボードを開けば

自動的に電源が入って接続もされるのでストレスなし。

電源を切るときは畳めば良いだけ。

マルチペアリングはできないけれど、今のところタブレットに繋ぐだけなので

特に問題なし。そしておまけ要素くらいに考えていたハの字配置が

想像よりも大分打ちやすくて感動している。初めてコンタクトレンズを嵌めたときくらいの

感動と衝撃。

手をまっすぐにするのって結構負担だったんだなと初めて気がついた。

もう戻れない感すらある。

 

ところでこのキーボード、コンパクトさを追求したために日本語入力切り替えキーは当然ない。ググると、alt+`とかCtrl+Capsとかいろいろ出てくるのですが、どれもダメ。

うーんと首を捻っていろいろ試したところ、Shift+Spaceで切り替えることができました。これでバッチリ!

ということで返していなかったメールをさくさくと2通も打って、ブログまで書いてしまったわけです。あー、たのしい♥

シルクの腹巻

最近急に寒くなりましたね。

私は冷え性で寒がりなので、カーディガンを羽織ってもオフィスが寒くて寒くて…。

でも1人だけあんまり寒がっていたら気を遣わせてしまいそうで気になるし、まだこれから寒くなるのに今から膝掛けはしたくない、ということで、腹巻を買いました。


高校生くらいから腹巻は使っていたのですが、今までは100均のを毎年買い直していました。

が、この数年、原料高騰の影響か見かけなくなって来てしまったので、今年は諦めてamazonで普通に買うことにしました。


腹巻ーって検索すると、なんかシルク製のものがよく出てくる。

どうしてシルクがいいんだろう?と調べてみたところ、

・肌なじみがよい

・繊維に気泡がたくさんあり、薄手でもぽかぽか

・水分量が多くしっとり

・吸湿性にも優れて蒸れない

ということでした。


普通の腹巻でもそんなに値段変わらないし、いいじゃないのシルク!ということで購入。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01IGGP7SY/ref=yo_ii_img?ie=UTF8&psc=1

1480円でした。


早速つけているのですが、本当に薄いのにぽかぽかするし、肌にも馴染む感じ。

100均のはアクリル?ポリエステル?でちくちくして痒くなってたんですが、それがない。

そして丈も長くて、バスト下からおへそまですっぽり!

レビューを読むと、夏もつけてるって方がいらしたけれど、それも納得。


これで今年の冬は快適に過ごせそうです。

いいお買い物をした!







ヘアスプレー 感想

ヘアスプレー 2007年 アメリカ


ボルチモアに住むビッグサイズの女の子トレーシーはオシャレとダンスが大好き。

彼女はティーンに大人気のテレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」で踊るのを夢見る。

彼女の体型を心配して引き留めようとする母親をよそに、オーディションに参加した彼女は見事合格。

レギュラーの座を射止めるが…。


ファッションがかわいい!

出てくる女の子たちはみんな明るい色のドレスを着ていて、画面が華やか。

シルエットもラインが綺麗で、女性らしい雰囲気が出ている。

明るい色を着たくなる映画。

そういう流行こないかなー。

流行に関係なく好きな服を着るんだけど、流行の服じゃないとお店には並びづらいから難しいね。


安野モヨコ美人画報で、体型に関係なくオシャレを楽しむ女の子の映画って紹介されていて知ったので、いわゆるオシャレ映画だと思っていたが、とてもドラマティックで楽しく見られた。

音楽がとてもよく、踊りだしたくなる!

元気に可愛くやさしく!!